白髪の自分を受け入れて

夫と猫3匹と暮らしている専業主婦。家事の中で料理が一番苦手。

白髪染めをやめて思うこと

白髪染めをしていた頃、本当は白髪頭のくせに隠して、そんな格好して若作りしてると思われそう、という勝手な妄想というか、思い込みが強かった。

 

何故だか白髪染めをやめてからの方が、自分がしたい格好が出来てる気がする。

 

 

染めてる時は、みんなと同じようにっていう気持ちが強かった。

 

みんなと同じ髪色をやめて、髪色がオリジナルになったら、前より好きな服を着られるように。

 

 

 

好きな服を着てるーだーけー

わーるいことしてないよ〜♪

 

 

カジュアルが好き。

 

年相応のエレガントな装いが苦手。とほほ

 

  

白髪染めをしていたら、きっと、スカーフやバンダナをターバン代わりに使うなんてことしなかったと思う。

 

なんだか恥ずかしくて。

 

 

実は、ベレー帽をかぶるようになったのも、白髪染めをやめてから。

 

20代の頃から持ってるベレー帽、ずっと恥ずかしくて使えなかったんですよね〜。

 

白髪混じりになってから、白髪の面積を減らせるってのもあるんだけど、恥ずかしさが減りました。

 

単におばちゃん化しただけ?

 

 

 

ポチッとお願いします 

にほんブログ村 美容ブログ 白髪・白髪染めへ